血圧のあれこれ

血圧の基準についての歴史や変遷

遠くを見つめる女性

血圧には診断の際の基準値が設けられていて、基準値以上の数値が続くと高血圧と診断されてしまいますが、この基準値は定期的に見直されています。近年では、年代や疾患の有無などを勘案して高血圧かどうかの診断が下されるようになってきています。高血圧の状態が続くと脳疾患や心臓疾患などの様々な合併症を起こす危険がわかっているため、高血圧と診断された場合は食生活などにも気を遣うことが大事になりますが、最近では血圧を下げるサプリメントなども販売されるようになっていて正常値にすることが出来ます。

高血圧についての今後の動向についての予測

高血圧の原因は様々なことが考えられますが、食生活や生活習慣などの影響によるところも大きいため、生活習慣病の一つに含まれています。生活習慣病は重度になると医療機関での治療が必要になりますが、軽度や予備軍であれば普段の生活を見直すことで症状が改善されるため、サプリメントなどの健康食品も多数販売されています。医薬品と違ってサプリメントはどこででも購入できますし、血圧が高めの人に関しても服用を続けることで高血圧を予防できるというメリットがあります。現在では予備軍を始め、生活習慣病と診断される人が増加しており、発症年齢も若年化傾向にあります。そのため、今後もサプリメントの人気はますます高まることが予測されます。

トップへ